干物・ひもの、みりん干し 房総で干物を買うなら松本商店。 みりん干しも美味しいよ。あわび、伊勢エビ、サザエなども扱っています。

タイトル

みりん干しや干物を紹介するブログ。房総にある実家のみりん干し、干物をレビューします。鴨川の小湊に行ったら買ってね。
by matsu_syou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ 松本商店のひみつ。
今回は松本商店での面白エピソードを紹介します。


■ウソかよ!!

 最初の「ごあいさつ」で、「母親は三日月ホテルでパートをしてたくらいです。」と書きましたが、実家に帰ってブログを見せたら「ウソ書いちゃダメだ」と怒られました。


は?ウソ??


いや、それは親父が思いっきり言ってた事なんですが・・・・。


「冗談だよ、冗談!」


なんですとー!!Σ(゚д゚lll)ガーン


また騙されました・・・_| ̄|○


ひどいよパパン。




■ヒゼーの真相。

 以前、このブログでも紹介した「消ヒゼー」ですが。「どこかのデパートで消費税と書くと直接的なので一部カタカナにした」という話を聞いてきたらしく、それを自分でもやってみたとの事でした。


計算だったもようです。


 でも、ググってもそんな話全然出てこないんですが、元ネタがあるのは本当なんでしょうか?お父様。




■計算間違い。

 松本商店の商品は、どれを取っても他店と比べて安くなっています。あまりの安さに、「え、こんな山盛りの干物でこの値段??」とお客さんが心配してしまうんだとか(w。

何度検算しても計算は合っていて、

正直、売ってる方もビックリする事があるだとか。
(あまりに安くて)

そんな訳なんで、ご来店の際は沢山買って下さい(w。




■飛び魚仙人。

 まだこのブログでは紹介してませんが、飛び魚の薫製を売っています(1枚150円)。房総では飛び魚自体余り食べませんが(九州では食べるらしい)、松本商店では干物と薫製を売っています。

もともとは飛び魚は干物しか売ってなかったんですが、ひょんな事から薫製を作り始めたそうです。

・・・

 それは数年前の話。元NHKの大道具をやっていたというジイサンが春日部から、フラッとやって来たそうです(もちろん知らない人)。普通怪しんでしまう所ですが、なぜか仲良くなってしまった松本健司(オレの親父)。

 酒を飲んだりしているうちに「飛び魚の薫製を作らないか?」という話になりました。NHKで大道具をやっていたという話は本当だったのか、ドラム缶2個を使ってスイスイとスモーカーを作り、薫製の作り方を伝えて去っていったそうです。


つか、ジイサン、あんた何者だ(w。


 そんな、一本包丁万太郎とかミスター味っことか、そういう漫画を彷彿とさせる謎のジイサンの出現により、松本商店では飛び魚の薫製を売ることになりました。

 伝えられたレシピに松本商店独自のノウハウがプラスされて、現在売っている飛び魚の薫製が完成しました。肉厚で淡泊な身が薫製に合っていて、非常に美味しく出来上がっています。


オススメです。

c0063486_1582668.jpg

飛び魚の薫製は伊豆七島辺りではよく作るらしいですが、房総では珍しいと思います。


という訳で、愉快エピソード満載の松本商店をよろしくお願いします(w。
[PR]
by matsu_syou | 2005-03-17 13:30 | お店の情報。
<< カツオのミリン干し。 カツオの腹も >>