干物・ひもの、みりん干し 房総で干物を買うなら松本商店。 みりん干しも美味しいよ。あわび、伊勢エビ、サザエなども扱っています。

タイトル

みりん干しや干物を紹介するブログ。房総にある実家のみりん干し、干物をレビューします。鴨川の小湊に行ったら買ってね。
by matsu_syou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
サバのミリン干し。
 今日の干物はサバのミリン干し。休みの日だったのでご飯炊いてみそ汁作って、ぬか漬け切って、正しい和食風にしてみたよ。


c0063486_1675983.jpg

 サンマのミリン干しも相当好きだけど、サバのミリン干しもかなり好き。やっぱミリン干しはこういう脂の多い魚が美味しいと思うんですよ。漬け汁と脂が焦げて香ばしくなった身がご飯に合って最高です。


ああ幸せ、生きてるって素晴らしい(゚д゚)ウマー。


c0063486_168849.jpg

 腹骨以外は食べられる堅さなので食べるのも楽です。もちろん皮も美味しく食べられます。余すことなく綺麗に食べてご馳走様。


美味しゅうございました。


サバのミリン干しは1枚150円。買いです。
[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-28 13:08 | 干物食べたよ。
キンメダイの干物。
 今日の干物は金目鯛。目がデカイプチ深海魚です。煮ると美味しいんですが、房総では干物にもしちゃいます。たまにキンキと勘違いしてる人がいますが、全然別の魚なので注意しましょう。


c0063486_15562630.jpg

 サイズの大きな白身魚で、身にはたっぷりうま味を含んでいます。身の離れが良く小骨が少ないので食べやすくて美味しい魚です。


c0063486_15564426.jpg

 お腹の部分に大きな血合い部分があり、そこもまた美味しいので残さずに食べましょう。黒い塊でちょっと食べるのに抵抗あるかも知れませんけどね(w。


c0063486_1557551.jpg

 値段は大きさで変わって200円から700円まで。700円の金目鯛は、ちょと引くくらいの大きさです。大きいからと言って大味にならずに美味しいのであんまり小さい物よりは大きい方がお勧めです。
[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-27 15:57 | 干物食べたよ。
飛び魚の干物。
c0063486_14302425.jpg

 今日の干物は、トビウオです。

 空飛ぶ魚トビウオ、学名を「Cypselurus agoo agoo」と言うそうですが、これってやっぱトビウオのことを「アゴ」と呼ぶことから来てるんでしょうか。知ってる方は教えて下さい。


c0063486_14304865.jpg

 トビウオは小骨が多くて食べるのが面倒なので好きじゃないんですが、アゴと呼んで親しんでいる西日本の人はたまらないのかも知れません。鮮度が落ちやすい魚特有のクセがあります。好き嫌いの別れるところでしょう。


c0063486_14305971.jpg

 脂は少なく淡泊で、大根おろしが良く合います。大根おろしと合わせると、堅い身や風味が気にならなくなる、というか、むしろ相性を良くする要素になって美味しく感じます。

 でも、僕はトビウオを食べるならなめろうがいいなーと思ったりしました(w。脂が少ない魚のなめろうはネットリしてて美味しいですよね。


そんな訳で、トビウオの干物は1枚50円。


c0063486_14311673.jpg

やすっ!!


トビウオ好きな方は、是非。
[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-25 14:31 | 干物食べたよ。
隠れた海。
今日は小湊の隠れた景勝、大弁天小弁天を紹介しましょう。

 そこは、崖の下の細い道を歩いた先。特に観光地として整備されている訳じゃなく、地元の人や釣り人しか通らない道の先にあります。


c0063486_21341095.jpg

 誕生寺の有料駐車場から小さな橋を渡って海側へ(誕生寺を背にして)歩き、防波堤に突き当たったら左。後は道から落ちないように歩いていくだけです。


c0063486_21343975.jpg

 本当に崖の下にあるので落石に注意してください。マジで落ちてきます。また、すぐ横が磯になっているので満潮になると波が押し寄せます。潮の具合や海の状態にも注意して下さい。

まぁ、僕は帰省のたびに行ってますが、特に危険な目に遭ったことはありません。一応、自己責任で注意して行ってください。


 道の先には天皇陛下が来た時に作られた休憩所があります。と言っても、コンクリの無骨な掘っ立て小屋です。その休憩所の前に見えるのが小弁天。左手に見えるやや大きい奇岩が大弁天です。


c0063486_213556.jpg

 目の前は鯛ノ浦。遊覧船が頻繁に通っていきます。ここの浜には川が流れ込んでいないので水がとにかくキレイです。が、しかし。泳ぐにはあまりに危険な場所なので遊泳禁止です。


絶対に泳がないで下さい。


本当に水死するが人いるんです。


 綺麗な海、と自然の造形が楽しめれば良いじゃないですか。軽い磯遊びくらいならいいかも知れませんが、泳ぐのは完全にNGです。よろしくお願いします。


c0063486_21353765.jpg

僕が小湊で一番好きな海。それが大弁天小弁天。全然人がいない、手つかずの海をどうぞ。


ただ、そこにある海を。
[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-24 21:36 | 小湊情報。
えぼ鯛のミリン干し。
 今日はえぼ鯛のミリン干しです。気付きました?サンマ、サンマみりん、えぼ鯛、えぼ鯛ミリンと、交互に紹介しています。

松本商店はなんでもミリン干しにしちゃうお店なのです(w。


c0063486_12505871.jpg

 ミリン干し好きには堪らないかも知れません。他にはアジ、イワシ、カツオ、サバ、イカなどがあります。順次紹介しますのでお楽しみに。


c0063486_12534435.jpg

 えぼ鯛のミリン干しは他のミリン干し同様、頭と中骨が取り除かれています。ミリンと醤油の風味もさることながら、食べやすいのも魅力です。

 サンマやサバ、イワシの様なクセが強い魚の方がミリン干しには合うかなぁと思ってましたが、えぼ鯛みたいな淡泊な魚もいいかなと思いました。漬けダレの味をイノセントに感じるというか、純粋なミリン干しの味がします。

でも、僕はサバとかサンマが好きですが(w。


c0063486_12514582.jpg

えぼ鯛とミリン干しが好きなら試してみるのも良いと思います。一枚150円。
[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-24 12:52 | 干物食べたよ。
えぼ鯛。
c0063486_12101341.jpg

 アマゾン川のピラニアを初めてTVで見た時、えぼ鯛だと思った。「あ、えぼ鯛がいる!アマゾンにえぼ鯛がいる!えぼ鯛ってアマゾンで獲れるんだ!!」と叫んだ。


そんなわけないのに。


バカな子供である。


 ちなみに正式名称はイボダイ。スズキ目の魚である。アッサリした白身でクセが無く食べやすい。


c0063486_129302.jpg

 脂は、サンマやサバのような乗りではなく、あくまで上品。うま味をタップリ含んだ汁が身から染みだして、それが網で焦げる匂いすら上品である。


c0063486_1294659.jpg

 プリプリした白身は臭みなどもなく美味しい。これが同じスズキ目でもアジになると特有のケモノっぽさがあるのだが、えぼ鯛にはそれが全くない。

1枚では少々物足りないが、その大きさも上品と言う事で。1枚150円。
[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-23 12:10 | 干物食べたよ。
天津小湊はこんなところです。
千葉県の南、南房総にある天津小湊(現在は鴨川市の一部)。主な観光資源は、

・海水浴場
・誕生寺
・鯛ノ浦
・清澄山

などです。

c0063486_2137654.jpg

 夏になると3カ所ある海水浴場は適度に混みます。太平洋に面していて水は綺麗です。湾になっているので波は穏やかで、家族連れが多くてまったりとした良い雰囲気です。シーズン中は海の家が建ち並び、いわゆる「千葉の海水浴場」になります。

 実家の前にある内浦海水浴場はすぐ近くにローソンとセブンイレブンがあるのでとても便利です。食べ物、飲み物、お酒はもちろん、ビーチボールや浮き輪なども売っています。


c0063486_21373344.jpg

 誕生寺は日蓮宗の開祖、日蓮の誕生を記念して建立された寺です。日蓮は小湊生まれで天津の清澄山で修行したのです。本来は大弁天小弁天と呼ばれる奇岩の辺りにあったらしいのですが、津波で流されてしまい今の場所に移されました。


c0063486_21375277.jpg

 そして、日蓮誕生の際、それを鯛が祝福したとされ、800年経った今でも大きな真鯛が餌付けされているのが鯛ノ浦です。地元民のサンクチュアリで、禁漁区になっています。

 遊覧船に乗って鯛ノ浦まで行き、船頭さんがエサを蒔くと大きな鯛が集まってきます。池の鯉みたいに鯛が集まる謎のスポットです。



 最後は、場所で言うと天津(小湊の隣の地区)になりますが清澄山も見逃せません。ここはかつて日蓮が修行した清澄寺があり、あの大山倍達が山ごもりした極真空手発祥の地です。よく漫画などで「山ごもり」という表現が出てきますが、リアルに山ごもり出来る山が故郷だなんて。


正直僕が一番驚いてます。



c0063486_2139491.jpg

 海あり歴史あり、山ありの素敵な町、それが天津小湊。温泉も湧いちゃってるし食べ物は美味しいし、交通の便が悪い(※)ので人も少ないし、のんびり観光するには良い町だと思います。


 ちょっと足を伸ばせば鴨川シーワールドもありますので、合併して同じ市になった事ですし小湊、天津、鴨川とセットで観光してみるのも良いと思います。

その際は国道128号線沿い、

小湊三日月ホテル前の松本商店に是非お立ち寄り下さい(w。

c0063486_21383719.jpg


次回は隠れた景勝地、大弁天小弁天を紹介します。


※内房は館山有料があるので高速使って来れるんですが、外房は半島の半分くらいまでしか有料道路がありません。そこからは国道128号線オンリーです。また、特急でも東京駅から2時間掛かります。地図上だと近いんですが、とにかく時間が掛かるんですよ、南房総に行くのは。
[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-22 21:39 | 小湊情報。
さんまのミリン干し。
今日はさんまのミリン干しを紹介します。

c0063486_12273075.jpg

 さんまを背中から開いて頭と内臓、中骨を取り除き、醤油とミリンベースの漬け汁に漬けて干します(多分)。漬け汁に漬けるため水分がより多く抜け、身が締まります。


c0063486_12265844.jpg

 飴色に締まった身にはミリンの甘み、風味、醤油の香りが染みこんでいて、焼くと更に香ばしく美味しくなるのです。胡麻は食感と香りのアクセント。ミリン干しと良く合います。


c0063486_12271368.jpg

 たっぷり乗った脂が焼けて、音と香りで僕の五感を刺激します。中骨が無いので、美味しいとされる干物の表面部分が全面に渡って食べられます。


幸せ。


手間が掛かってる分、1枚150円。

でもこの美味しさにはかえられません。

※皮側は焦げやすいので焼く時は注意が必要です。身の方からじっくり焼いて、皮側は軽く焦げ目が付く程度に、サッと焼いて下さい。

※一枚目の写真、左上に写ってるのは実家で売ってるナマコを酢の物にしたもので、祖母の得意料理です。コリコリで美味しいのですよ、ナマコ。
[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-22 12:27 | 干物食べたよ。
小湊はここだよ。
c0063486_22192827.jpg

 僕の実家、松本商店があるのは千葉県の南房総です。2/11までは天津小湊町という過疎の町でしたが、ついに鴨川市と合併して、鴨川市の一部になってしまいました。


泣けます。(;´д⊂


 まぁ、町の広報を見ると毎月順調に人口が減ってたので仕方ありません。僕も町を出た訳だし。

c0063486_22195368.jpg

 南房総とは、千葉県の南に方を指し、天津小湊、鴨川、館山、白浜、千倉、富津などが含まれます。鴨川シーワールド太海フラワーセンターマザー牧場、野島崎などが有名です。

c0063486_22204178.jpg

 もうこの時期には道の両側が菜の花で一杯だったり、イチゴ狩りが出来ちゃったりする暖かさが自慢。その温暖な気候のせいで「南房総の人間は根性がない」なんて言われたりします。冬暖かく、夏は海からの風で涼しいのです。

c0063486_2220182.jpg

 そんな南房総に属する観光地が、天津小湊です。


天津小湊の観光についてはまた次回。
[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-21 22:21 | 小湊情報。
トロサンマの干物。
c0063486_1621578.jpg

 松本商店干物レビュー、第1回目はトロサンマの干物。最近、豚トロやトロカツオの様に素材の名前にトロを付けるのが流行ってますが、サンマにまで付けちゃいました。

流石親父、抜け目がありません。

c0063486_16204674.jpg

 これを焼き網で焼くとジュージューと脂が焼けて良い匂いがします。トロは伊達じゃありません。この煙が身に付いて香ばしくなる訳なので、是非モクモクと煙を出して焼いて頂きたいと思います。

c0063486_1621142.jpg

 焼き上がりはコチラ。良い色です。脂がジュージューと音を立てています。そんな身をガブリ。口に広がるサンマのうま味。脂の香り。丁度良い塩味。


御飯何杯でも食べられます。


c0063486_16211962.jpg

トロサンマ、お勧めです。一枚100円です。


※値段は2005年1月31日の物です。時期によって多少変わる場合があります。
[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-21 13:10 | 干物食べたよ。
ごあいさつ。
 こんにちは、ケイジです。まず簡単に自己紹介。メインのサイトはKeiziWebです。フリーウェアの開発、配布、日記の公開をしています。

 そこの企画で「30日間マクドナルド生活」とか「30日間カレー生活」などやっております。「企画モノ」でいくつかネタ企画をやってますのでそちらもどうぞ。

c0063486_15584770.jpg

 さて。突然ですが、僕の実家は千葉県の南房総にある干物屋です。アジ、金目鯛、さんま、イカなどを干物にして売っています。また、自家製塩辛や海産物も売っています。

c0063486_1559269.jpg

干物も塩辛も、とても美味しいのです。


 が、近年の不景気のせいでいまいち商売がふるいません。去年の冷夏では、町ぐるみで大打撃を受けまして、母親は三日月ホテルでパートをしてたくらいです。

でも、干物だって塩辛だって美味しいんです。
c0063486_15592046.jpg



小湊だって、とても良いところなのです。
c0063486_15541265.jpg


 だから、そんな松本商店と小湊(こないだ鴨川市に吸収された)をPRして、今年の夏は町ぐるみでウハウハできたらいいなーと、そういう意図でもってこのブログをはじめてみたいと思います。

内容は、

・松本商店の商品を僕が食べてレビュー。
・小湊の観光地を紹介。
・時々面白い話。


などなどを予定しています。そのうち僕の父親とか出たりするかもしれません。

ご期待下さい。

と言う事で、今日からよろしくお願いします。
c0063486_15595777.jpg

[PR]
# by matsu_syou | 2005-02-21 12:54 | 日記みたいな。