干物・ひもの、みりん干し 房総で干物を買うなら松本商店。 みりん干しも美味しいよ。あわび、伊勢エビ、サザエなども扱っています。

タイトル

みりん干しや干物を紹介するブログ。房総にある実家のみりん干し、干物をレビューします。鴨川の小湊に行ったら買ってね。
by matsu_syou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■最新のトラックバック
サメ
from 動物辞典
アワビ食べた〜い!
from 『 ダイヤモンド★ライフ 』
■以前の記事
2010年 02月
2009年 06月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
■カテゴリ
全体
干物食べたよ。
お店の情報。
小湊情報。
日記みたいな。
未分類
■お気に入りブログ
さくっとのんびり
房州人の男塾
30日間カレー生活ブログ。
宛先はコチラ
ねがわくは花のもとにて
猫の毛玉
モノ・コト・ココロ
カップ麺,かっぷめん,か...
離乳食,粉ミルク,赤ちゃ...
■その他のジャンル
■ファン
■記事ランキング
■ブログジャンル
■画像一覧
<   2005年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
アワビの姿煮。
c0063486_20395733.jpg

 今日紹介するのは「アワビの姿煮」です。昨日はトコブシ、今日はアワビ。二日連続で貝の姿煮食べるのなんて初めて!です。


スゲー贅沢な気分です。


 トコブシの姿煮は容量で値段が決まっていて900円でしたが、アワビは大きさがまちまちなので値段も、大きさ次第で全然変わってしまいます。一応値札は付いてます。


c0063486_20402569.jpg

 参考までに、この大きさで3000円です。高いと思うかもしれませんが、そこはやはりアワビですから。ご理解下さい。


 流石に種類が近いので身は同じ様な味がします。ただ、若干トコブシよりも上品な感じ。磯の香りが粗野に強いトコブシに比べると洗練された感じを受けます。

まぁ、それも食べ比べないと判らない程度の差ですが。


c0063486_20404530.jpg

 ただ、肝の味は違います。アワビの肝の方がクリーミーで上等な感じ。柔らかくてクリアな美味しさです。トコブシはやっぱり肝も磯の風味が強めです。

 ただ、それは好みなので、一概にどっちが良いとは言えません。アワビが好きな人もいればトコブシが好きな人もいるでしょう。

僕は、姿煮ならトコブシの方が好きですけど(w。


 と言う訳で二日連続でお送りした、松本商店特製の、トコブシとアワビの姿煮。ホントに美味しいですから、気になったら是非買って食べてください。よろしくお願いします。
[PR]
by matsu_syou | 2005-03-31 20:42 | 干物食べたよ。
トコブシの姿煮。
 今回は干物ではなく「とこぶし」の姿煮。松本商店で煮て、真空パックをして売っています。小さいアワビみたいなこの貝、煮て食べると柔らかくて美味しいのです。

c0063486_137510.jpg


 松本商店では比較的甘めに煮ますが、小湊の各家庭ではそれぞれ味が違い、みんな


「自分の家のが一番美味い」


と思っています。


c0063486_1372255.jpg


 肝は柔らかく海のうま味をタップリ含み、身はよく味が染みていてクニクニと美味い。鼻に抜けるトコブシの香りが堪らない。

トコブシバンザイ。


超美味いです。


1パック900円。

少し高いですが、その価値はあると思います。

c0063486_1373622.jpg



※参考:アワビとトコブシの違いについて。

「ミミガイ科の貝のうち、大型になる種をアワビ、小型の種をトコブシと呼ぶ傾向がある。」との事で、近い種類です。大きくなる種類がアワビ、小さいままなのがトコブシ、らしいです。
[PR]
by matsu_syou | 2005-03-30 13:07 | 干物食べたよ。
飛び魚の燻製。
c0063486_132045.jpg

 今日の干物は、例の「春日部から来た謎のジイサンと意気投合して作ることになった」飛び魚の燻製です。桜で温燻されています

 温燻されているので火は通っています。そのままでも食べられますし、少し炙って食べても美味です。

 飴色に燻された飛び魚の身はとても香ばしく、うま味がギュっと凝縮されています。本来淡泊で脂が少ないな飛び魚は燻製にとても合う様で、素の干物の何倍も魅力を引き出されています。

c0063486_1321872.jpg


 謎のジイサンが残していったレシピを、更に干物プロである親父達が改良した松本商店オリジナル「飛び魚の燻製」。

1匹150円。お勧めです。


酒の肴に、是非。
[PR]
by matsu_syou | 2005-03-30 13:01 | 干物食べたよ。
イワシの丸干し。
c0063486_1291648.jpg

 今日の干物はイワシの丸干し。頭から食べられるます。頭はパリパリで香ばしい。お腹は内臓の苦みが美味しい、ねっとり苦い大人の味。胴体は程よい塩味とイワシの身のうま味が最高。


c0063486_1292837.jpg

 骨ごといけるのでカルシウム補給にも良いと思います。10匹で100円なので、この写真で60円分です。缶ジュース一本で12匹。

ジュース飲むなら、イワシの丸干し。


是非。

c0063486_1295557.jpg

[PR]
by matsu_syou | 2005-03-23 12:09 | 干物食べたよ。
カツオのミリン干し。
c0063486_22554359.jpg

 今日の干物はカツオのミリン干し。そもそもカツオの干物を松本商店以外で見たことありません。しかも、ミリン干しとなると更に珍しいと思います。

 焼くと香ばしいミリン干しの香り。それにカツオの脂が焦げる良い香りが加わります。胃袋は期待感にぜん動し、脳は唾液を分泌させる。焼けるまでが待ち遠しい。


c0063486_22555818.jpg

 焼けた干物にかぶり付くと、ミリン干しのうま味が口に広がる。


美味い。


 焦げた皮ぎしの香ばしさもたまらない。そのコゲさえもうま味に変えるミリン干しの力は、毎度の事ながら驚かされます。

 カツオのミリン干しは1枚50円。この小さな干物に、松本商店によって培われたミリン干しのノウハウが凝縮されています。
[PR]
by matsu_syou | 2005-03-21 22:55 | 干物食べたよ。
松本商店のひみつ。
今回は松本商店での面白エピソードを紹介します。


■ウソかよ!!

 最初の「ごあいさつ」で、「母親は三日月ホテルでパートをしてたくらいです。」と書きましたが、実家に帰ってブログを見せたら「ウソ書いちゃダメだ」と怒られました。


は?ウソ??


いや、それは親父が思いっきり言ってた事なんですが・・・・。


「冗談だよ、冗談!」


なんですとー!!Σ(゚д゚lll)ガーン


また騙されました・・・_| ̄|○


ひどいよパパン。




■ヒゼーの真相。

 以前、このブログでも紹介した「消ヒゼー」ですが。「どこかのデパートで消費税と書くと直接的なので一部カタカナにした」という話を聞いてきたらしく、それを自分でもやってみたとの事でした。


計算だったもようです。


 でも、ググってもそんな話全然出てこないんですが、元ネタがあるのは本当なんでしょうか?お父様。




■計算間違い。

 松本商店の商品は、どれを取っても他店と比べて安くなっています。あまりの安さに、「え、こんな山盛りの干物でこの値段??」とお客さんが心配してしまうんだとか(w。

何度検算しても計算は合っていて、

正直、売ってる方もビックリする事があるだとか。
(あまりに安くて)

そんな訳なんで、ご来店の際は沢山買って下さい(w。




■飛び魚仙人。

 まだこのブログでは紹介してませんが、飛び魚の薫製を売っています(1枚150円)。房総では飛び魚自体余り食べませんが(九州では食べるらしい)、松本商店では干物と薫製を売っています。

もともとは飛び魚は干物しか売ってなかったんですが、ひょんな事から薫製を作り始めたそうです。

・・・

 それは数年前の話。元NHKの大道具をやっていたというジイサンが春日部から、フラッとやって来たそうです(もちろん知らない人)。普通怪しんでしまう所ですが、なぜか仲良くなってしまった松本健司(オレの親父)。

 酒を飲んだりしているうちに「飛び魚の薫製を作らないか?」という話になりました。NHKで大道具をやっていたという話は本当だったのか、ドラム缶2個を使ってスイスイとスモーカーを作り、薫製の作り方を伝えて去っていったそうです。


つか、ジイサン、あんた何者だ(w。


 そんな、一本包丁万太郎とかミスター味っことか、そういう漫画を彷彿とさせる謎のジイサンの出現により、松本商店では飛び魚の薫製を売ることになりました。

 伝えられたレシピに松本商店独自のノウハウがプラスされて、現在売っている飛び魚の薫製が完成しました。肉厚で淡泊な身が薫製に合っていて、非常に美味しく出来上がっています。


オススメです。

c0063486_1582668.jpg

飛び魚の薫製は伊豆七島辺りではよく作るらしいですが、房総では珍しいと思います。


という訳で、愉快エピソード満載の松本商店をよろしくお願いします(w。
[PR]
by matsu_syou | 2005-03-17 13:30 | お店の情報。
カツオの腹も
c0063486_13244818.jpg


 今日の干物は「カツオの腹も」です。カツオのお腹の部分を干物にしたもので、当然ですが凄く脂が乗ってます。

 焼く時は身の方から。これ、海の魚は全てそうです。身の方から焼き、概ね熱が通ったらひっくり返して下さい。身が崩れるので箸でさわるのは最小限に。ひっくり返すのも最小限に。

 皮の方を焼いていたら、あまりの脂で炎が上がりました(w。この炎がまた美味しさを引き出す訳ですが、あまり萌える燃えると危険なので適当な所で火を止めましょう。


c0063486_1325152.jpg


食べてみると、脂の甘みと身のうま味、程よい塩加減が最高です。

魚と言うより鶏肉っぽい美味しさです。



c0063486_13252853.jpg


 この「カツオの腹も」は1枚100円。相変わらず安いですね(w。


薄利多売やる規模の店じゃないのに。


 正直言って、経営が心配です。だから小湊に行ったら是非寄って買い物して下さい(w。よろしくお願いします。
[PR]
by matsu_syou | 2005-03-17 13:25 | 干物食べたよ。
トロ大アジ。
 干物のストックがなくなったので、土日に小湊に行ってきました。今回も色々仕入れてきたのでお楽しみに。


c0063486_11553980.jpg

 さて。今回の干物は、トロ大アジです。大きなこのアジの開きが、なんと120円。身が大きく、食べ応えがあります。


c0063486_11555193.jpg

 箸で身を外し、口に含むと広がるアジの香りとうま味。ツバがギューと出てきます。大きいからって大味な訳でなくて、スタンダードな干物の美味しさ。


ああ、最高。


脂も乗ってて安くて美味い。オススメです。

c0063486_11561060.jpg

[PR]
by matsu_syou | 2005-03-16 12:10 | 干物食べたよ。
Weekly こみなと。
c0063486_193886.jpg


Weekly こみなとというサイトを作りました。

これまでも小湊情報は、このブログでたまに書いてましたが、あまりにネタが多いので独立してサイトを一個作りました。と言うことで、このブログは干物と松本商店中心になります。

「Weekly こみなと」もよろしくお願いします。


第一回目の特集は「ひじき狩りレポート」です。
[PR]
by matsu_syou | 2005-03-15 19:02 | 小湊情報。
イカのミリン干し。
 今日の干物はイカのミリン干し。これは松本商店の干物の中でもベスト3に入るくらい好きな干物です。


c0063486_18342434.jpg

 他のミリン干し同様、焼くと甘くて香ばしい香りが立ち上り、焦げる匂いもかぐわしい。火が通ったら食べやすい大きさに切って盛りつけ。マヨネーズを添えると完璧です。


c0063486_18343665.jpg


 箸でつまみ、マヨネーズを少々付けて口に入れる。


美味し!!


 それ以外に言葉がありません。ミリン干しは全般的に好きだけど、イカミリンは本当に最高。これが居酒屋にあったら絶対に頼みます。ビールにも合うし日本酒にも合うし、お酒もグイグイ進みます。


c0063486_18345246.jpg


 コレを食べると、松本商店に生まれて良かった!と実感出来る、そんな美味しいイカのミリン干し。1枚300円。安いと思います。
[PR]
by matsu_syou | 2005-03-09 19:34 | 干物食べたよ。